さやま×わたしproject

コンテスト応募作品

短歌応募作品

※Tシャツ応募作品は、下の方に掲載しています。

2020年1月25日~1月31日

車窓より 返せ返せの文字光る

初春の風に立ち向かう熱

えん罪に57年奪われし

想いを馳せて共にたたかう

高裁に無実を訴え仁王立ち

支援広がり 春の日はさす

新事実 潔白示す科学力

証拠かくしのねつ造あばく

差別ゆえ 人生奪われ 今日もまた

再審求め たたかい続く

再審の無罪判決勝ち取りて

墓前に合掌す 誓いを果たそう

2020年1月21日~1月24日

権力の犯罪あばく万年筆

再審ひらくタガネとならん

無実を叫ぶ 支援の花 三次で実をむすぶ

隠しねつ造す 権力の姿 今もまだ 

われもまた 無実を信じ 訴えつづく 

差別ゆえ えん罪晴れぬ 司法に怒り 

獄中の日々つづられた日記読み

胸をつかれる若き欲望

再審の報道つげるニュース持ち

明日(あす)への希望つなぐ日々なり

狭山事件 16の頃 知った我

色々なこと 学んだようだ

ふりあげたこぶしむなしく空をうつ

怒りのこぶし 明日もあげるぞ

2019年12月15日~2020年1月20日

”我が人生に悔いはなし” 

石川さんの前向く言葉の力強さ 

無実を訴え半世紀

石川さんの人となりに多くを学ぶ

※逆瀬川の集会にて     

青年から老歳へ

冤罪に奪われし時間

取り戻せはしない

見えない手錠

司法の暴挙をあばいて

必ずはずす

無実の証拠 積み重ね来し 半世紀

日本の司法の正義を問う

市民の力 総力で

再審請求必ず通す

差別ゆえ被る冤罪 晴らさんと

五十七年 歩み来し人

掛けられた 見えぬ手錠は 差別ゆえ

壁厚くとも 闘いつづく

差別ゆえ 被る冤罪 晴らさんと

八十一の 闘いつづく

夜明け間近 知恵と力を 集めつつ

霞ヶ関に 狭山の風を

固き扉 きっと開(あ)けんと 狭山人(さやまびと)

石川一雄と 共に歩まん

12月12日~12月14日

歌いたし原宿新宿皇居前

冤罪晴れた日の解放歌

正義感強きバスケの主将なりき

今は狭山の弁護士となる

苦労なんて石川さんと比べたら

ちゃんちゃらおかしいと踏ん張ってきた

高裁の 窓に向かいて マイク持つ 

石川夫妻を 胸に刻みぬ

ファン多き 鳴門のわかめ 黒々と 

海の底より 縁を結び来

逮捕前 愛せし人の 姪という 支援者の居て 一雄さん活く

夫にも きらめく一瞬 ありしと言い 

早智子さん泣く 遺族抱きしめ

早智子さん 徳島言葉の やさしくて 

いつも始まる 「一雄さんなぁ」と

やさしさが ほつほつ光る 狭山集会 

日比谷の池の 鯉も色づく

傘寿祝 ケーキのロウソク 手で消しぬ 

狭山事件の 石川一雄氏

爆笑に 顔くしゃくしゃの 石川さん 

ケーキの飾り字 大事につつむ

文字知らぬ 我が身省りみ 涙して 

獄舎の中で 文字習いしと

生きる為 文字を覚えた 獄中で 

語る口許 言葉は重し

生きる為 文字を学んだ 長き日々 

対談の人 苦労は宝と

「やってません」 私は無実と訴える 

北風の中 裁判所の前

まっすぐに 前をみつめて 語る人 

無実の涙 見えぬ手錠に

「ありがとう きてくれたのね」 握手する 

その手に包帯 痛みを告げず

耐えに耐え 涙を呑んで 半世紀 

見えぬ手錠 はずせ正義(無実の叫び)

11月28日~12月11日

くやしうて

  狭山歌うたう

  日もあれば

うれし涙で

  歌う日もくる


解放歌

  一度でいいから

  拳あげ

美空ひばりと

  歌いたかった


狭山歌を

  拳突き上げ

  天高く

美空ひばりと

  歌いたかった!

11月23日~11月27日

「狭山勝利」 シュプレヒコール 街に満ち

 ハモる木魂を聞く寒椿

雨上がり 狭山デモに寄り添いし

虹の七色 紫陽花の青

日比谷にて 11万の集い跡

たたづむ我に 犬吠えかかる

汝をば 殺せし人の 名を告げよ

善枝地蔵をゆする手痛し

堀兼の地底の清水より勝る

石川無実 科学鑑定

11月1日~11月22日

再審の 決定の声 どよめきて

「はっ」と寝覚めば 夜は明けそみぬ

孫の字が 脅迫状によく似たり

「ドキッ」とするは 宿題点検

目に見えぬ 手錠はずして 墓参り

させたき民の 再審の声

異国にて 逝きし西岡
偲びつつ「差別裁判うちくだこう」

命かけ 無実訴え 半世紀
日本の司法 真実示せ

くちおしや 

父母無罪告げるまで

なかまと共に 

命燃やさん

Tシャツデザイン 応募作品 

2020年1月31日現在